PlantsPlanetぷらぷらのこだわり

PlantsPlanetぷらぷらは自然農法を目指した姿でのお野菜や切り花の育成を心がけています。なぜこだわるのか、それは全てがつながっているから。栽培している植物たちは土壌や水、太陽光といった自然の力を使って育ちます。土壌にはたくさんの有用な微生物、昆虫、小動物たちが生命の循環を行いながらバランスを保って共生しています。そのバランスを極力保ち、循環の邪魔をしないように地球の力を借りているのが自然農法であると考えます。

PlantsPlanetぷらぷらの畑は

  • 除草剤、殺虫剤、殺菌剤、化成肥料を使わないのは当たり前。
  • 不耕起栽培や※畜産堆肥を使わないなどのこだわり栽培です。
  • ※育苗時や、切り花には加工家きんふん肥料を一部使用しています。

こだわりの土づくり

PlantsPlanetぷらぷらでは畑の土づくりの際、以下を使用しています。

京堆肥ってどんなもの?

京都の造園業や街路樹の剪定枝を中心に使用した植物性の堆肥です。受け入れ時に厳しいチェックを受けた原料が使用されており、夾雑物が少ない特徴があります。

米ぬかは何を使用していますか?

家庭で使用している減農薬玄米を精米した際に生じるものを使用しています。

食品残さを乾燥、粉砕(生ごみ処理)したものとは?

私たちは普段の食生活から無農薬の食材、遺伝子組み換えでない食品を選択しています。その際に生じた鶏卵の殻や、自分たちが栽培しているお野菜のカットくずを、専用の機械で乾燥、粉砕させて微生物たちが分解しやすい形で施しています。日々の食事からなので生じる量は少ないですが、畑の土に極力不必要なものが混ざらないよう努めています。

こだわりの苗づくり

PlantsPlanetぷらぷらでは畑の苗づくりの際、以下を使用しています。

油粕の特徴を教えてください

油粕は菜種から生じるなたね油を搾った後の搾りかすを発酵させたものを使用しています。昨今は遺伝子組み換えの原料を使用している製品もあるため、選択の際に遺伝子組み換え品でないものを選択して使用しています。

バットグアノとは何ですか?なぜ使用しているの?

バットグアノはコウモリの糞が何千年もの時を経てリン酸とカルシウムが結晶体となった世界でも大変貴重な資源です。(商品紹介より抜粋)

リン酸分が不足すると葉が茂り実りが少なくなるといわれています。通常同じ目的で使用される肥料には骨粉や鶏糞、化成肥料などがありますが、PlantsPlanetぷらぷらの畑ではこれら肥料に対し、より自然に近い形で得られるものを選択しています。

こだわりの栽培方法

PlantsPlanet ぷらぷらの栽培方法や品揃えなどこだわりを紹介します。

  • 園芸趣味歴 20 年から培ったノウハウをもとに、世界の多種多様な植物の栽培に挑戦しています。
  • 畑に雑草を生やし様々な動植物たちと共生する方法で 栽培を心がけています。
  • 水やりに関しても基本的に苗の植え付け時のみで、自然に任せた姿の栽培をしています。

広告